検索意図を100以上のテーマから分類する「ニーズマップ」をリリースしました

ニーズマップ画像_トップ


Keywordmapをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、検索意図を100以上のテーマから分類する「ニーズマップ」をリリースしました。

1つのキーワードに対し、サジェストワードの検索意図が大きなテーマごとに分割した可視化マップです。キーワードを、100以上のテーマの中から検索が多い上位5テーマに分類します。

ニーズマップを活用すると、「ユーザーの検索意図」を最も大きなニーズテーマから把握することができます。

続きを読む

上位ディレクトリおよびURLの流入推移を調査できるようになりました

Keywordmapをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、自然獲得キーワード(SEO流入キーワード調査機能)にて、「上位ディレクトリ一覧」および「URL・ディレクトリ流入推移」機能を実装しました。

この機能により、SEOの流入調査がより正確かつ素早く行えるようになりました。

上位流入ディレクトリ機能

自然獲得キーワード調査機能にてSEO調査したいドメインを入力します。

今回はドメイン「kakaku.com」で調査してみましょう。

f:id:copydetect:20190109143852p:plain

 「SEO推移」をクリックします。

続きを読む

Googleアルゴリズム情報をまとめた「アルゴノート」をリリースしました

Keywordmapをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、Googleのアルゴリズム変更をまとめた記事「アルゴノート」をリリースしました。

弊社コンサルタントが毎日監視するSERPs変動に大きな変動値を検知した際、Googleの公式情報が発表されているか確認し、Googleのアルゴリズム変更情報をまとめた記事をご覧いただけるようになります。

大きなSERPs変動を確認した際、アルゴノートを確認いただく事で、Googleの意向や方針を瞬時に把握し、SERPs変動に対して正しく捉えられる事を目的としております。

アルゴノートの確認方法

Googleアルゴリズム変更が確認されると、その日に「G」のマークが表示されます。

※Keywordmapのトップページ、もしくは機能「SERPs変動」にあるSERPs変動グラフに表示されます

f:id:copydetect:20181003140440p:plain

続きを読む

共起語に人工知能によるクラスタリング機能を搭載しました

Keywordmapをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、機能「共起語分析」にクラスター分析機能を搭載しました。

共起語機能で抽出した数多くの共起語を意味が近い単語同士でグルーピングし、表示する機能です。当社が開発した機械学習(AI)が言葉の意味を理解・解釈し、グルーピングしています。

このクラスター分析機能を用いる事で、競合ページが取り扱っているテーマを瞬時に把握する事が可能です。

クラスター分析の使い方

f:id:copydetect:20180905143235p:plain

共起語分析にアクセスし、分析したいメインキーワードを入力します。

続きを読む

共起語をより正確に抽出できるようになりました

Keywordmapをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、共起語の性能を向上させ、より正確に共起語を抽出いただけるようになりました。

「正確に抽出できる」とは?

共起語は複数の文章データから品詞別に分解し抽出した上で、出現数や特徴度合いを考慮しながらスコアリングし表示しています。

この際行う「品詞別に分解する」作業を「形態素解析」といい、形態素解析で新しい言葉も正しく一語として認識できるか否かで、その共起語の精度が決まってきます。

今回の性能向上により、日々生まれる新語(造語)でも、一定の利用が確認され次第、1つの単語として認識し、抽出します。

f:id:copydetect:20180812193552p:plain

続きを読む

地域別のSEO順位を取得できるようになりました

Keywordmapをご利用いただき、ありがとうございました。

先日SEOバルク順位の機能アップデートを行い、地域別の検索順位を取得できるようになりました。

地域別の検索順位とは?

現在のGoogleは、同じキーワードで検索する「場所」で検索結果が変化します。

f:id:copydetect:20180807152506p:plain

続きを読む